設定画面解説
GTexRecorder_setting1

・録画設定

録画設定画面に進みます。

・衝撃検出による自動録画停止

ドライブレコーダーで、どの程度の衝撃を検出すると録画を自動停止するかを設定します。
スライダーを右に移動すると、大きい衝撃を検出した場合に録画を自動停止します。
スライダーを左に移動すると、小さい衝撃でも録画を自動停止します。
路面の状態や、車のサスペンションの硬さで適切な値は変化しますので、テストの上で値を決定して下さい。
「動作設定」の項目で加速度センサーがOFFの場合は、自動停止が行われませんのでご注意下さい。
なお、ドライブレコーダーでは、ユーザー操作による録画の手動停止も可能です。
こちらをご参照下さい
ビデオレコーダーでは、録画開始・停止は手動のみで行いますので、衝撃検出による自動録画停止の設定は影響しません。

・動作設定

ドライブレコーダー、ビデオレコーダーでのGPS及び、加速度センサーの使用・不使用を設定します。

GPS
車両の速度、走行ルートの取得を行う場合は、ONにして下さい。

加速度センサー
G(加速度)を表示する場合はONにして下さい。
ドライブレコーダーでの衝撃検出による自動録画停止を使用する場合はONにして下さい。

・メーター設定

Gメーター、スピードメーターの表示に関する設定を行います。

・加速度計スケール
Gメーターの最大値を設定します。
サーキット走行等で、大きなGが予想される場合に値を変更して下さい。

・加速度計平均化サンプル
荒れた路面等での微振動で加速度計の値が安定しない場合に値を変更して下さい。
値を大きくすると微振動の影響を排除できますが、メーターの反応は鈍くなります。

・速度計スケール
スピードメーターの最大値を設定します。
サーキット走行時などにお使いの場合に値を変更して下さい。