COM画面について説明致します。

COM画面では、Version2.0から搭載されたデータ通信機能に関わる設定を行います。
データ通信機能とは、あなたの現在地を、サーバーに送信し、サーバーからは周辺の空域を飛ぶ他の機体の位置データを受け取る機能です。
データ通信を行う事で
・周辺を飛行する他の機体の位置を画面に表示
・あなたの現在地を、他のユーザーの画面に表示
・LiveTrackerサイトで、あなたのフライトをGoogleEarth上でリアルタイム表示
の機能が提供されます。

  • DataCom
    データ通信全体のON/OFFを切り替えます。

  • Tracffic Display
    SameGRP : あなたと同じグループの機体のみを画面に表示します。
    All : 同時刻に飛行する全ての機体のデータを受信、表示します。(動作が重くなる場合があります)

  • UserName
    画面上であなたの機体を識別する為の名称を入力してください。
  • GroupName
    あなたの所属するグループ名等を入力して下さい。
    この設定内容が同じ者同士が、お互いに画面上で位置を確認できます。
    たとえば、使用する滑空場の略称など、あなたと同時にフライトする仲間同士で、予めグループ名を決定しておく事をお勧めします。

  • TrackerURL
    “DataCom” をONにすると、ここにURLが現れます。
    PCでこのURLにアクセスする事で、あなたのフライトをGoogleEarthで他の人が見る事が可能になります。
  • Mail
    TrackerURLをメールで送信します。

  • Tweet
    TrackerURLをTwitterに投稿します。

  • Copy
    TrackerURLをクリップボードにコピーします。