English Manual is here

今回は、ウェイポイント設定画面について説明致します。

ウェイポイント設定画面は、その名が示すとおりにウェイポイント(以下WPと記載)の設定(設置)を行う為の画面です。
この画面では、地図上に飛行経路の経由地点(WP)を追加していきます。
オンラインで地図データの参照及びWPの標高取得を行いますので、の3G回線あるいはwifi等でネット接続が可能な状態になっている必要があります。
グライダーの滑空場等で通信状況が芳しくない場合も考えられますので、WP設定はご自宅で行う事を推奨致します。

 

  • マップの移動・拡大・縮小
    マップ画面を二本指でピンチイン、ピンチアウトする事で表示範囲の縮小・拡大が可能です。
    マップの表示領域の移動はドラッグで行います。
    状況に応じて表示領域の大きさを変えながらWPを追加してください。
    また、地図を現在地に戻す場合は、『現在地表示』ボタンをタップしてください。

  • WP追加方法
    地図上のWPを追加したい地点をロングタップ(1秒間押し続ける)すると、赤いマーカーが表れます。このマーカーがWPを表します。
    ロングタップしてからマーカーが出現する迄に一瞬待ち時間が発生しますが、
    この間にWP地点の標高をオンラインで取得しています。
    続けてWPを追加していくと、WP間を結ぶ青いラインが表示されます。このラインが飛行経路です。

  • WP削除
    追加したWPを削除する場合は、WPの赤いマーカーをタップして下さい。
    マーカー上にウィンドウが表示されますので。その中の削除ボタンを押す事でWPが削除されます。
    またウィンドウには「ELV:50.4m等とWPの標高が表示されていますので、標高の確認もここで行えます。

  • WP全削除
    追加したWPを全て削除する場合には、『全WP削除』をタップします。
    「全てのWPを削除しますか?」の確認表示後、全WPの削除が行えます。

  • WP保存
    全てのWPを追加し終わったら、『WP 保存』ボタンをタップする事で全WPがファイルに記録されます。
    『WP保存』を行わない場合でもNAV画面にはWPが表示されますが、
    何らかの理由でアプリが強制終了した場合等には、もう一度WP設定作業を行う必要があります。
    『WP保存』を行うとアプリが強制終了した場合も、次回起動時には自動的にWPが読み込まれますので、
    WP追加作業が完了した時点でSaveを実行する事を推奨します。